第76回 春の院展 福岡展

巡回展

日本美術院は明治31年(1898年)岡倉天心を中心に、横山大観、下村観山、菱田春草らが「東洋美術の伝統維持と新しい時代の美の開発」を目指して設立した日本画の研究団体です。活動中断期もありましたが、大正2年(1913年)の天心の死をきっかけに、その遺志の達成を期して横山大観らが、翌年日本美術院を再興。10月には、日本橋の三越呉服店(現日本橋三越本店)を会場に「日本美術院再興記念展覧会」を開催、現在にいたります。「院展」は毎年、春と秋の2回開催されますが、「春の院展」の名前は、東京・日本橋で4月に開催される事に由来します。今展で76回を迎え、秋に行われる院展に比べ応募作品数も多く、日本画初心者の勉強の場としての役割を果たしているのも特徴です。会場では九州に在住・出身の作家やゆかりのある作品を中心に現代日本画壇の中枢をになう同人の最新作、一般公募から選ばれた優秀作など、100点を展示いたします。

開催情報

会期
2021.08.06(金)~ 2021.08.11(水)
開催時間
午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場(入場は閉場30分前まで)
会場
福岡三越
入場料
一般500円、高校生以下無料
主催
西日本新聞社、日本美術院
特記事項

作品一覧

*作品名、作家名の表記について、webで表示できない文字には常用漢字を当ています。
*作品一覧(検索)は同人推挙順、一般50音順(全作品集掲載番号順)に並べています。
  • 153

    くたくたのたまもの

    竹原 美也子

  • 154

    学者の部屋

    武部 雅子

  • 164

    回廊

    千野 久美子

  • 166

    野生

    辻 紀子

  • 186

    白玄へのしるべ

    中尾 泰斗

  • 191

    窓辺の卓

    永田 耕治

  • 192

    さかさまの部屋

    永田 美里

  • 196

    中村 敏江

  • 197

    彼岸の雫

    永吉 秀司

    春季展賞

  • 201

    初冬の朝

    西岡 一義

  • 203

    風の音

    西澤 秀行

  • 209

    開演前

    八谷 真弓

  • 213

    静夜

    浜口 和之

  • 218

    春めく13番館

    樋口 祥子

  • 219

    静寂

    久松 雅枝

    初入選

  • 221

    ユナシリタの予型

    平林 貴宏

    外務大臣賞 奨励賞

  • 228

    侵蝕の華

    藤城 正晴

  • 233

    光の言伝て

    古谷 照美

  • 234

    雪薄

    古屋 雅子

  • 236

    熱気が止む時

    前田 力

  • 245

    松浦 主税

    奨励賞

  • 246

    料理店

    松岡 歩

    奨励賞

  • 251

    蛸壺と貝の調べ

    松竹 幸子

  • 254

    花信風

    松村 侑紀

    奨励賞

  • 255

    思い出の小道

    松本 香菜子

  • 257

    春風

    丸山 國生

  • 263

    風光る

    水見 剛

  • 272

    通り道

    村田 和子

  • 275

    白露

    守 みどり

    奨励賞

  • 276

    葉の音

    森 友紀恵

    奨励賞