第76回 春の院展 福岡展

巡回展

日本美術院は明治31年(1898年)岡倉天心を中心に、横山大観、下村観山、菱田春草らが「東洋美術の伝統維持と新しい時代の美の開発」を目指して設立した日本画の研究団体です。活動中断期もありましたが、大正2年(1913年)の天心の死をきっかけに、その遺志の達成を期して横山大観らが、翌年日本美術院を再興。10月には、日本橋の三越呉服店(現日本橋三越本店)を会場に「日本美術院再興記念展覧会」を開催、現在にいたります。「院展」は毎年、春と秋の2回開催されますが、「春の院展」の名前は、東京・日本橋で4月に開催される事に由来します。今展で76回を迎え、秋に行われる院展に比べ応募作品数も多く、日本画初心者の勉強の場としての役割を果たしているのも特徴です。会場では九州に在住・出身の作家やゆかりのある作品を中心に現代日本画壇の中枢をになう同人の最新作、一般公募から選ばれた優秀作など、100点を展示いたします。

開催情報

会期
2021.08.06(金)~ 2021.08.11(水)
開催時間
午前10時~午後8時 *最終日は午後5時閉場(入場は閉場30分前まで)
会場
福岡三越
入場料
一般500円、高校生以下無料
主催
西日本新聞社、日本美術院
特記事項

作品一覧

*作品名、作家名の表記について、webで表示できない文字には常用漢字を当ています。
*作品一覧(検索)は同人推挙順、一般50音順(全作品集掲載番号順)に並べています。
  • 1

    花火

    下田 義寬

  • 2

    案外元気

    伊藤 髟耳

  • 3

    夕月

    田渕 俊夫

  • 4

    宵に咲く

    那波多目 功一

  • 5

    うすくれなゐ

    手塚 雄二

  • 6

    三日月、星達を引き連れて

    福王寺 一彦

  • 7

    狐それとも鬼になりましょか

    梅原 幸雄

  • 8

    紀伊風土記の丘

    清水 達三

  • 9

    聖花

    西田 俊英

  • 10

    たんぽぽ

    松村 公嗣

  • 11

    カムイ月光

    大矢 紀

  • 12

    吉祥天女

    高橋 天山

  • 13

    白秋

    吉村 誠司

  • 15

    狭霧(鷲)

    今井 珠泉

  • 16

    春の郷

    倉島 重友

  • 17

    しじま

    清水 由朗

  • 18

    矢車草

    齋藤 満栄

  • 19

    昼さがり

    小田野 尚之

  • 20

    春の宵

    宮北 千織

  • 21

    赤松と桜

    大野 逸男

  • 22

    帰城

    北田 克己

  • 23

    冬虫夏草

    村岡 貴美男

  • 24

    白傘蓋

    井手 康人

  • 25

    富士仰望

    前原 満夫

  • 26

    昼下り

    中村 譲

  • 27

    写真館 ーネコノ界ー

    國司 華子

  • 28

    那智の滝

    藁谷 実

  • 29

    さざめき

    岸野 香

  • 30

    秋櫻

    松本 高明

  • 31

    明けがた

    番場 三雄