展覧会について 開催一覧

TOP

展覧会検索

展覧会

※クリックすると色がつき、色がついているものが検索されます。再度クリックすると色が外れます。

検索結果

再興第105回院展

再興院展

毎年秋に開催される公募展で「院展」という名称で親しまれています。東京都美術館公募棟の広いスペースに、審査を行う日本美術院同人の作品と、公募の中から選ばれて入選した作家たちの迫力ある大きな作品が展示されます。画歴の長いベテランの方から日本画を学び始めてまだ日の浅い学生の方まで、今を生きる作家たちの様々な視点、日本画の様々な表現や技法をご堪能いただけます。

開催情報
会期
2020.09.01(火)〜 2020.09.17(木)
開催時間
午前9時30分~午後5時30分*最終日は午後1時閉場(入場は閉館一時間前まで)
会場
東京都美術館
入場料
一般900円、大学生以下無料
主催
日本美術院
特記事項

第76回 春の院展

春の院展

昭和20年11月に日本橋三越で開催された「日本美術院小品展」が始まりです。昭和34年に「日本美術院春季展覧会」と改称され、昭和45年に現在の「春の院展」の名称になりました。秋の「院展」に比べると小さな作品群が、春の訪れとともに会場を彩ります。

開催情報
会期
2021.03.24(水)〜 2021.04.05(月)
開催時間
午前10時〜午後6時30分【午後7時閉場】 ※最終日は午後5時30分まで【午後6時閉場】
会場
日本橋三越本店
入場料
一般800円、高大生600円、中学生以下無料 ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
主催
三越伊勢丹ホールディングス、日本美術院
特記事項

所蔵企画展 田渕俊夫と日本画の世界 美をつなぐ

個展ほか

メナード美術館の日本画コレクションは、明治・大正・昭和・平成と各時代で活躍する画家たちの作品を通して近現代の日本画の流れをみることができます。なかでも、田渕俊夫の作品群は当館を代表するコレクションです。田渕は「装飾性と精神性を兼ね備えた作品で日本画の確たる表現を築いた」として、令和元年11月に文化功労者として顕彰されました。
この展覧会では、現代日本画壇を代表する田渕の初期から令和の現在にいたる作品約30点と、その表現に焦点を当て、あわせて当館のコレクションを代表する日本画家たちの作品約50点をご覧いただきます。受け継がれる日本画の伝統、そこから生まれる多彩な美の世界をお楽しみください。

開催情報
会期
2021.04.18(日)〜 2021.07.11(日)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
メナード美術館
入場料
一般900円、高大生600円、小中生300円 *障碍者手帳をお持ちの方と同行者1名は無料
主催
メナード美術館
特記事項
*政府の緊急事態宣言の発令をうけ、5月12日(水)から6月1日(火)まで休館とさせていただきます。 今後の感染状況に応じて休館期間は変更になる可能性があります。その場合はホームページでお知らせいたしますのでご確認ください。

再興第105回院展 島根(西)展

巡回展

再興院展は、1914年以来続く日本美術院による日本画の公募展です。毎年9月の東京展を皮切りに、全国を巡回。本展では、同人作品をはじめ、受賞作品、及び入選作品66点を展覧いたします。

開催情報
会期
2021.05.22(土)〜 2021.06.13(日)
開催時間
午前10時~午後4時
会場
今井美術館
入場料
一般1,200円、学生および18歳以下は無料 *「身障者手帳をご提示の際、ご本人様のみ無料」としています。
主催
今井美術館、山陰中央新報社、日本美術院
特記事項

令和3年度第1回 同人新作品展

同人新作品展

日本美術院の運営資金となる同人による作品展で、どなたでも入札に参加することができます。日本美術院では、大正3年の再興当初から同人が自身の作品を提供し、運営を続けています。

下記の「ファイルダウンロード」より入札書のダウンロードが可能です。
入札書送り先:〒110-0001 東京都台東区谷中4-2-8 公益財団法人日本美術院(換価委員会)宛

開催情報
会期
2021.05.24(月)〜 2021.05.30(日)
開催時間
午前10時~午後4時
会場
日本美術院 展示室(1階)
入場料
無料
主催
日本美術院換価委員会
特記事項
交通のご案内:JR山手線日暮里駅、地下鉄千代田線根津駅、千駄木駅より徒歩10分

第三十回 無名会日本画展

個展ほか

松尾先生が創設された無名会展も、今年で三十回を数えるに到りました。永い歴史を感じます。
 例年、今年と、コロナ禍の中でも会員一同懸命に制作に励んでおります。御高覧いただければ幸甚に存じます。
 令和三年
                     日本美術院同人・代表理事 那波多目功一

出品作家(五十音順、敬称略)
有賀殿夫、稲員頼子、岩波昭彦、岩谷勢子、大島婦美枝、小川洋子、小山内勤、加藤裕子、齋藤竜太、下田博子、霜島忍、鈴木ちか子、瀬川玲子、髙橋孝子、辻紀子、辻村和美、楢原環、早川圭子、増田皓子、水見剛、谷中武彦、柳田晃代、山中隆成
賛助出品(敬称略)
那波多目功一、齋藤満栄、前原満夫、松本高明

開催情報
会期
2021.06.02(水)〜 2021.06.08(火)
開催時間
当面の間、11時~19時 *最終日は17時閉場
会場
松坂屋上野店 本館7階 美術画廊
入場料
主催
無名会
特記事項

第8回 翠の会

個展ほか

青葉の季節となりました。院展で同人としてご活躍されておられる先生方による「翠の会」日本画展第8回展を開催いたします。何卒ご高覧くださいますようお願い致します。(長江洞画廊 案内文より)

開催情報
会期
2021.06.03(木)〜 2021.06.09(水)
開催時間
午前10時~午後5時 会期中無休
会場
長江洞画廊
入場料
主催
長江洞画廊
特記事項
出品作家(50音順):小田野尚之、倉島重友、齋藤満栄、西田俊英、松村公嗣、松本高明、吉村誠司

『チイタクタメリタ展』

個展ほか

Gallery  Suchi
〒103-0025 中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2F
℡ 03-6661-6393

開催情報
会期
2021.06.05(土)〜 2021.06.19(土)
開催時間
火~土 12:00~18:00 休廊 日、月
会場
Gallery Suchi
入場料
主催
Gallery Suchi
特記事項

第76回春の院展 大阪展

巡回展

開催情報
会期
2021.06.16(水)〜 2021.06.21(月)
開催時間
会場
阪急うめだ本店
入場料
主催
日本美術院
特記事項
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため催しを中止しています。この展覧会も中止となりました。

再興第105回院展 福井展

巡回展

福井ゆかりの岡倉天心が明治31年(1898)に創設した日本美術院の理念をもとに、横山大観らによって大正3年(1914)に再び開院された再興日本美術院。その公募展である「院展」は、近代の日本美術を牽引してきた作家たちが多くの話題作を発表した場であり、105回を迎えた今なお、注目され続けています。福井では3年ぶりに開催する本展において、日本美術院同人の新作、受賞作品、福井県をはじめとした北陸在住、出身作家の入選作など総数80点を展観。伝統を受け継ぎ、新しい時代の日本画を生み出しつづける日本美術院の"今"をご覧いただきます。

開催情報
会期
2021.06.18(金)〜 2021.07.04(日)
開催時間
午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)*6/18は午前10時から 会期中無休
会場
福井県立美術館
入場料
観覧料 一般・大学生 900円(前売り・団体720円) 高校生 500円(団体400円) 中小学生 300円(団体240円) *団体は20名以上 *未就学児は無料 *障がい者手帳などをお持ちの方とその介護者1名は半額
主催
福井県立美術館、日本美術院
特記事項
*新型コロナウイルス感染拡大防止等のため、入場制限を行う場合は中止になる場合があります。 *ギャラリートークなどのスペシャルプログラムは、新型コロナウイルス感染状況によっては、中止とさせていただく場合があります。予めご了承ください。