手塚雄二展 「光を聴き、風を視る」


5月8日(水)〜20日(月) 京都高島屋7階グランドホール

9月6日~10月6日 福井県立美術館

倉島重友展 画業50年記念 

会期:2019年4月20日(土)~6月2日(日)

会場:茨城県天心記念五浦美術館

展覧会詳細パンフレットはこちらをご覧ください。

「平山郁夫と若き日本画家の想い」東京藝術大学卒業制作(台東区長賞)から

平山郁夫と日本画家の若き想い」展 3/9~5/26
平成31年3月9日(土)~5月26日(日

平山郁夫は、東京藝術大学を昭和27年(1952)に卒業(入学時は東京美術学校)後に前田青邨の助手として勤務しました。その後、教授及び学長として、自らの画業に邁進しながら後進の育成に力を注いできました。

東京藝術大学の前身である東京美術学校の日本画科では明治26(1893)年の第1回卒業生から大正2(1913)年の第21回まではほぼ全員の卒業制作が保存されております。大正3年(1914)からは選抜で、昭和24(1949)年に東京藝術大学になってからは原則として美術学部各科の当該年度首席の作品1点を保管することになりました。
昭和56(1981)年に台東区長賞が若手芸術家の支援育成を目的に創設され、東京藝術大学の優秀な卒業制作から選出された作品が台東区コレクションとして所蔵されています。

今回の展覧会では、東京藝術大学所蔵の平山夫妻の作品と、平山郁夫とゆかりのある作家の作品を台東区コレクションと大三島美術館所蔵作品から紹介していきます。

会場
公益財団法人平山郁夫美術館(広島県尾道市瀬戸田町沢200-2)

後援
広島県・広島県教育委員会・公益財団法人ひろしま文化振興財団・尾道市・尾道市教育委員会

入館料金
一般900円、高大学生400円、小中学生200円

開館時間
午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)

 

中村譲日本画展 ~瀬戸の光~


会期:2019年5月22日(水)~5月27日(月)

時間:10時~午後7時 毎週土曜日は午後7時半閉店
最終日は、午後5時閉場

会場:福山・天満屋 6階美術画廊
〒720-8636
広島県福山市元町1-1
電話084-927-2111(代表)

日本画でみる万葉集

会期:令和元年5月25日(土)~6月29日(土)

開館時間:10時30分から17時30分(最終入館17時)
休館日:日曜日
入館料:無料
会場:桐蔭学園アカデミウムソフォスホール
主催:学校法人桐蔭学園
協力:奈良県立万葉文化館

パンフレットをご覧ください

第二十八回 無名会日本画展

松坂屋上野店 本館7階 美術画廊


令和元年6月5日(水)~6月11日(火)
午前10時~午後8時(最終日午後5時閉場)

出品者:那波多目 功一(同人)齋藤 満栄(同人)前原 満夫(同人)松本 高明(同人)
稲員 頼子、岩波 昭彦、榎本 時子、谷中 武彦(特待)
(下記から院友)
岩谷 勢子、大島婦美枝、小川 洋子、小山内 勤、加藤 裕子、斉藤 竜太、下田 博子、鈴木ちか子、瀬川 玲子、高橋 久美、高橋 孝子、辻 紀子、辻村 和美、楢原 環、早川 圭子、増田 皓子、水見 剛、柳田 晃代、山中 隆成

大丸京都店6階美術画廊

令和元年6月26日(水)~7月2日(火)

午前10時~午後8時(最終日午後5時閉場)

日本画家 福王寺一彦 / 福王寺みどりこ の世界


会期:令和元年6月19日(水)~6月30日(日)
会期中無休
会場:よねざわ市民ギャラリー全フロア
〒992-0045
山形県米沢市中央1-10-6
℡ 0238-22-6400
主催:公益財団法人米沢上杉文化振興財団
福王寺一彦・みどりこ展実行委員会
協力:文化庁、独立法人日本藝術文化振興会
後援:山形新聞社、山形放送、日本美術著作権協会
CISAC著作権協会国際連合

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
入館料:一般300円、大学生以下無料

倉島重友展 画業50年記念 

会期:2019年4月20日(土)~6月2日(日)

会場:茨城県天心記念五浦美術館

展覧会詳細パンフレットはこちらをご覧ください。

日本画でみる万葉集

会期:令和元年5月25日(土)~6月29日(土)

開館時間:10時30分から17時30分(最終入館17時)
休館日:日曜日
入館料:無料
会場:桐蔭学園アカデミウムソフォスホール
主催:学校法人桐蔭学園
協力:奈良県立万葉文化館

パンフレットをご覧ください

お知らせする情報はございません。

お知らせする情報はございません。