日本美術院 賛助会員について

公益財団法人日本美術院は、調査研究事業、展覧会事業、若手作家への助成事業を通じて、美術文化の向上発展に寄与することを目的としています。

これらの諸事業を推進するには、多くの法人の皆様並びに個人の皆様からの深いご理解と暖かいご支援をいただくことが欠かせないため、日本美術院の目的に賛同し公益目的事業をご支援してくださる方を対象とした賛助会員制度を設け、皆様のご賛助をお願いしています。何卒、賛助会員の趣旨にご賛同いただき、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  1. 遺贈によるご寄附

遺言を残すことにより、ご自身の財産の全部または一部を特定の人や団体に無償で譲与することを遺贈といいます。財産の一部または全部の受取人を「公益財団法人日本美術院」と指定することができます。遺言書の作成については、信託銀行、弁護士、司法書士等の専門家に相談されることをお勧めいたします。公益財団法人日本美術院では、下記の金融機関と遺言信託にかかる業務提携をしていますので、ご相談下さい。

提携信託銀行(お問い合わせ窓口)
・三井住友信託銀行(上野支店)TEL 03-3834-3131
こちらをクリックしていただきますと、当該の銀行の遺贈関連ホームページに移ります。遺言信託、資産継承、資産管理などに関する詳細な説明が記載されていますので、ご参考にしてください。

  1. 相続財産からのご寄附

ご遺族が相続された財産の一部を、相続税の申告期限内(相続開始から10ケ月以内)
に公益財団法人日本美術院にご寄附いただいた場合、税法上の優遇措置により、この寄付額に相当する相続税がかかりません。この場合、公益財団法人日本美術院が発行する領収書を相続税の申告時に提出していただくことになります。

お問い合わせ・お申し込み
〒110-0001
東京都台東区谷中4-2-8
公益財団法人日本美術院 事務局
TEL 03-3821-4510
FAX 03-3821-9367
E-mail info@nihonbijutsuin.or.jp