Scroll To Top
再興第103回院展 入選作品
再興第103回院展 入選作品
天女像の御下(日本橋にて)(日本美術院賞)
加藤 裕子

Hiroko Kato
Before the Celestial Maiden Sculpture (in Nihonbashi)

加藤裕子  ≪ 天女像の御下(日本橋にて) ≫

この場所は、百貨店の中央ホールです。美しい天女像は日本美術院の先輩であられる、佐藤玄々先生の作品です。官費留学生として渡仏、ブルーデル先生に師事されました。先生から「汝の血を以って、汝が祖国の魂をつくれ」帰国してから制作した代表作の一つです。眩い台座の貴石の上に樹齢500年を超える檜で作られた、高さ11mの史上最大級の木彫で、絢爛色彩の降臨する天女像です。下のホールではパイプオルガンの音の流れる中、正月から獅子舞や出初式の梯子乗り、又、プロダンスショーなども見られます。この時、国立京都博物館120周年記念で複製海北友松先生の雲龍図襖が飾ってありました。天女様の下、雲中、龍が楽しげに遊んでいる様に見えて、描きたくなりました。日々仕事に追われていて、忘れて仕舞いそうな、何事も無い事が一番の幸福である事を思い出させてくれる私の大切な場所です。

  • 天女像の御下(日本橋にて)(日本美術院賞)
    加藤 裕子

    Hiroko Kato
    Before the Celestial Maiden Sculpture (in Nihonbashi)