技法について

の制作にあたっていつも思うことだが描きたいものがあって、それをどう表現するか、その時技法が生れる。自分の気持ちにぴったりあった良いテーマに出逢った時、次から次へと技法がわいてくる。つまり技法は後からついてくる。逆に技法ばかりこだわっていると、どうしても絵が小さくなってしまい、制作するにあたって特に気をつけなければならないと思う。誤解されると困るが、日頃の制作の中でも常に技法の習練があって、これが前提である事は言うまでもない。