長生きについて

山大観先生をはじめ、院展の先生方はご長命の先生が多いと思います。
私も94歳です。長生きをしますと、若い時に出来たことが出来なくなることがたくさんあります。出来なくなることを嘆くのではなく。異なる角度から自分を眺めることで、今まで見えなかったものが見えてくることもあります。それは歳を重ねたからこその賜と考えると、長生きするのも悪くないと思えてきます。

 生きる喜びを描くことは、感謝を描くことであると近頃思えるようになりました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得