日本美術院 地域連携教育プログラム

新潟での実践報告②

新潟大学教育学部附属新潟中学校との教育連携
「新潟100景 ~日本画材に触れる~」

担当:永吉秀司 院友 地域連携教育プログラム委員 新潟大学准教授
指導:田代豪  新潟大学教育学部教育学部附属新潟中学校(美術)教諭

このプログラムは、

新潟大学教育学部附属新潟中学の2年生で実践されている「日本美術」を学ぶ課題と、公益財団法人日本美術院が地域連携教育プログラムを介して実現した企画です。
日本美術院の諸員である日本画家が講師にあたり、日本画材の使用方法や道具について体験プログラムを通して理解を深め、授業課題の中で生徒が試行錯誤をしながら深めていくという形で進められました。作品は、春の院展新潟展に特別展示され、それぞれの感性によって育まれた日本画作品を鑑賞者は本作品と併せて楽しむ様子見ることができました。

★第72回春の院展 新潟展にて生徒たちの作品を展示いたしました。その模様もご覧ください。
■会期:平成29年9月20日(水)~9月25日(月) 6日間
■会場:新潟三越

  • 新潟大学教育学部附属新潟中学校との教育連携
  • 新潟大学教育学部附属新潟中学校との教育連携
©2017  日本美術院 All Rights Reserverd.
メニュー