日本美術院 沿革

 

岡倉天心について

岡倉天心は、文久2年12月26日(西暦1863年2月14日)、福井藩士岡倉覚右衛門(勘右衛門)の次男として生まれました。出生地は横浜本町とされていますが、東京美術学校の履歴書には江戸馬喰町との記載もあります。幼名は角蔵、または覚蔵、のち覚三と改めました。父覚右衛門は、藩命により開港まもない横浜で横浜商館「石川屋」を営み、天心は幼少の頃より英語、漢籍を学びました。また女流画家奥原晴湖に南画の手ほどきも受けています。

明治13年、東京大学を第一期生として卒業し、文部省に勤務、学事視察や古社寺調査を行いました。明治18年に図画取調掛が設置されると委員となり、美術学校創立の準備に携わることになります。明治19年から20年には美術取調委員として浜尾新やフェノロサとともに欧米各国の美術事情を視察、明治22年、帝国博物館が設置されると理事および美術部長に就任します。美術雑誌『国華』を創刊し、明治23年に東京美術学校長となりました。この間、東洋美術の伝統に西洋画の写実性を取り入れた新しい日本絵画の創造を推進して、明治17年、フェノロサらと鑑画会を組織、明治24年には日本青年絵画協会を発足させ、会頭となります。また明治29年に古社寺保存会の委員に任命され、古社寺保存法の制定に努めます。

明治31年、天心を中傷する怪文書が配布され、いわゆる東京美術学校騒動が起こりました。天心は東京美術学校長の職を退き、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村観山らと日本美術院を創設します。明治34年から35年にかけてはインドを歴遊、明治37年にボストン美術館のエキスパート(明治43年に中国日本部長)となり、同館コレクションの調査、整理、蒐集を行い、日本とアメリカを行き来しました。大正2年、病気のためボストン美術館に休職願いを提出して帰国しますが、病状が悪化して9月2日、新潟県の赤倉山荘で逝去します。岡倉天心は、美術行政家、美術教育者、美術指導者として、すぐれた国際感覚で近代日本美術の基礎を構築しました。

著書に、“ The Ideals of the East ” 1903年(『東洋の理想』)、“ The Awakening of Japan ” 1904年(『日本の覚醒』)、“ The Book of Tea ” 1906年(『茶の本』)があります。

メニュー