pic01
日本美術院
  • 日本美術院
  • 日本美術院
  • 日本美術院
  • 日本美術院

理事長よりのご挨拶

 院展の名で親しまれる日本美術院は、明治31年(1898年)、岡倉天心の指導理念のもとに橋本雅邦、横山大観、下村観山、菱田春草を含む26名の正員によって谷中初音町(現台東区谷中)に開院式を挙げました。天心の理念は、日本文化の伝統を踏まえ、文化財を保護しかつ芸術を奨励して未来に繋げる道を指し示すものでした。一時、経営難から、その研究所を茨城県五浦に移しましたが、大正2年9月2日に天心が逝去、翌年の一周忌に大観等によって日本美術院が再興されました。その再興の綱領は「芸術の自由研究を主とす。故に教師なし先輩あり。教習なし研究あり」と宣言するものでありました。爾来、近代日本画の革新を目指し、創立の精神を軸に研鑽を重ね、独自の発展を遂げてまいりました。在野の研究団体がその芸術活動を110余年に亘って継続し続けた例は、世界的にも稀有なことであります。先人の刻苦精励によって築かれた光輝ある伝統は、結果として近代日本画の歩みでもあります。近代日本美術の歴史の中でひときわ光芒を放つ日本美術院の姿を正しく伝えることは、きわめて意義深いものであり、美術界に貢献できるものと確信しております。今後とも皆様方のご支援、ご鞭撻をお願いするものであります。

理事長 田淵俊夫

© Copyright 2017 日本美術院 All Rights Reserved.

メニュー